社長挨拶

プラスチックという素材は急速に人間の暮らしを変えてきました。便利な製品の大衆化
が進行したからです。人々が平等に高度な道具を得ることで時間に余裕が生まれ新た
な知恵が創造できるようになりました。
人類が直立歩行に移行して手に余裕ができたことで文化をもつ生物となったこと、それ
と同じくらい重要な変化がこの50年で起きたのだと考えます。
現代の情報化社会の出現もその延長であり、プラスチックなしでは考えられない社会に
なったと思われます。この大きな流れのなかで弊社は高品質のプラスチック射出成形品
を安く大量に供給する技術でこれからも社会貢献して行く所存でございます。

良い製品を低価格で大量に供給するという当然の企業使命を慮りまして弊社は早くから
中国での生産を展開致しました。お蔭様で現地生産を軌道に乗せることが出来、
現在はフル稼動の状態です。
また、光ピック関連を中心とした従来製品に限ることなく広く新製品にチャレンジする
精神も旺盛でありましてお客様の高い期待にお応えできると自負しております。

振り返ってみますと複雑形状品の繰返し生産を安定して行うこと、射出成形によるプラ
スチック部品生産の原点でありゴールでもあると考え、操業から早年20年近く過ぎて
しまいました。材料、流れ、金型構造という要素技術においてかなりのレベルで達成
できたと考えたこともあり、どうにもならないと困惑したこともありました。多分、今後とも
究極の回答を得ることが出来るとは思われません。
しかし、お客様とともに、安定した生産を実現するための地道な努力を続けていきたい
と考えております。同時に顧客の皆様をはじめ社会全体に信頼される企業として発展
していくことを大切と考えております。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

TOP

代表取締役 大舘 隆夫